ビジネスフォンでは複数の回線をひとつのシステムに収容(まとめること)し、接続された内線電話(多機能電話)に振り分けることができるため、電話回線数自体は3回線でも8台の電話機で受けることができるのです。ビジネスフォン導入によって必要最小限の回線を回線数よりも多い数の内線電話で共有することで、利用方法は変わらないまま導入費用・月々の基本使用料が削減することができます。

その他にも、ビジネス業務に必要な機能、サービスを組み合わせて利用することができます。